僕らの仕事で
お客様の未来が決まる

人財マーケティング事業部
チーフアドバイザー

2009年入社 高濱 光TAKAHAMA HIKARU

熊本県熊本市 / 琉球大学

人財マーケティング事業部とは、どんな仕事をするのですか?

新卒採用のコンサルティング業務です。まずは企業様に訪問して新卒採用に関してのご要望・お困りごとを聞きます。その困りごとや企業の特徴にあった商品・サービス(このナビを使いましょう、こんな合説に出ましょう、など)を考えて、提案をします。そして採用活動が始まると、説明会のプログラムや話をする内容、選考ステップから質問内容まで全て提案していきます。更には説明会や選考に立ち会いながら、お客様の採用選考を全面的にフォローする仕事です。

7:30  メールチェック
お客様へのメール連絡などはなるべく朝一番に。朝メールすると「優先順位が高い」とお客様に思って貰えるかな…という願いを込めて。
9:00  支社ミーティング
上司との定期ミーティング。営業の売上報告や、お客様の採用進捗情報の報告など。いろいろとアドバイスを貰います。
10:00  打ち合わせ資料準備
打ち合わせで使用するレジュメを作成。その他、打ち合わせ内容に関連する資料を印刷して準備。手元にない資料は、他エリアの人に聞いてみたりなど支社を超えて連携することもしばしば。
11:00  お客様①と打ち合わせ
入社式の内容の打ち合わせ。一番スタンダードな流れから紹介し、企業によってはこんなこともしてますよ、と様々なアイディアを紹介。内定者のご両親から手紙を書いて貰い、感動を演出する企画が決定!
13:00  お客様②の選考立会い
お客様の選考に立会い、一緒に面接を行います。お客様も気づかないような所までしっかり学生を見抜かないといけないので、集中します。
16:30  社内作業
メール作業、入社案内のパンフレットを作ったり、お客様に電話をかけたり、提案書を作ったり…などなど。
18:00  学生の履歴書添削
学生への就職活動アドバイス。いつも経営者や採用担当者と接しているので、採用側の立場から本音で色々と話をしています。

学生時代にこのままでは「まずい」と思い奮い立ったことを教えてください。

サークルを潰しかけました。大学2年の頃に、学外活動に注力しすぎて代表をやっていたサークルの活動が疎かになり気付けば部員が3名に。7名いないと認められないので、その春、新入部員獲得に躍起になりました。強引に誘って…というわけではなく、部室に来てくれた人、一人ひとり丁寧に希望を聞き対応していきました。結果部員は15名に!50年続くサークルを廃部にするところでした。

ザメディアジョン・山近社長の第一印象は?

大学に講演に来た際に、たまたまその受付などの手伝い話を聞いたのが出会いでした。講演のときはいい話する人だな~、と。その後「鞄持ちインターンシップ」をやったのですが、そのときは「この人の会社にだけは入りたくない!」と思いました(笑)

就職活動中はどんな社会人になりたいと思っていましたか?

なんでも出来る人になりたいと思っていました。今もまだ目標の途中ですが…。一つのことを専門的に、というよりとにかく何でも。今の仕事で言うと、営業・デザイン・ライティング・カメラ・映像・司会・企画・面接・研修…色々と要素があるので、どれも得意、と言えるようになりたいですね。

そのモチベーションはどこから?

お客様のためです。新卒採用コンサルの仕事は、お客様の経営計画の一部を担っています。僕らの仕事の成果如何で、お客様の未来が決まってきます。それだけ価値のある仕事です。そう考えると、嘘ついて手を抜こうとか、その場しのぎでごまかしたりとか、出来ないです。何より、お客様は素晴らしい会社が多いですから、好きなんですよね。単純に。いい会社だから、いい学生が入って欲しい!その想いが一番です。