チャレンジしたら
必ず結果がついてくる

メディアマーケティング事業部
住宅プロモーション課

2015年入社 田原 麻美SUTO TAMAMI

広島県尾道市出身 / 環太平洋大学

住宅の事業部はどんな仕事をするのですか?

全国の住宅に関するブランディング雑誌を扱う仕事です。 外部のカメラマンやライターさんを呼んで、ディレクションを行います。 台割(ページ構成を決める仕事)や編集(ページの内容を考えて進捗管理をする仕事)も自分たちで行います。 1冊の本が出来上がるまでに、3ヶ月~4か月かかります

7:30  出社、朝の仕事、メールチェック
朝一番の郵便物チェックとついでに新聞を読んで最近のニュースを把握。地域の新聞はお客様との話のネタにもなります。
8:00  ミーティング
営業マンで現状報告、進捗状況・見込み・お客様からの声などを共有。チーム内で数字を共有することで、チームとしての結束も固まります。
9:00  朝礼
朝礼の司会は1年目の仕事。経営理念の唱和から始まり、経営計画書の読み合わせ、「流行ものスピーチ」や「新聞のアウトプット」など。
10:00  新規営業
前日までに電話でアポを取って、特集企画などを案内しに行きます。お客様の現状や今後の展望をヒアリングし、お客様に合った企画を提案。
12:00  お客様のお店でランチ
飲食店のお客様のお店でお昼ご飯。実際に客としてお店を見ることで、新しい発見も。気づいたことは今後の営業に生かします。
15:00  お客様との打ち合わせ、撮影
誌面作成の打ち合わせ。どんな内容を打ち出せば集客ができるか、一緒に考えます。お客様の魅力を伝えるために試行錯誤!
18:00  帰社、社内作業
誌面制作の社内作業。締切を見据えて、スケジュールをチェック。翌日の準備など。
20:00  先輩とごはん
年の近い先輩ともちょっと離れた先輩とも、仕事やプライベートの話をすることで刺激に。

学生時代にこのままでは「まずい」と思い奮い立ったことを教えてください。

最初は体育会系に所属していたので、インストラクターになりたいと思って就活をしていました。ですが、エントリーした企業はすべて落ちてしまったので、持ち駒が全く無くなってしまった。 そんな時に、学校の先生から「文章が他の人より上手にかけているから、出版社に行って見たら?」と言われ、出版社に興味を持ちました

ザメディアジョン・山近社長の第一印象は?

一言で言うと怖い・・・。だけど会社説明会に参加した時に、社員の人をニックネームで呼び合っている姿を見て、アットホームな会社なんだと・・。意外に、一人ひとりの事をしっかり見ていて、優しい人なのではと感じました。

就職活動中はどんな社会人になりたいと思っていましたか?

バスケ部に所属していたので、一人ではなくチームで協力して作業するような仕事にあこがれてました。出版社は華やかなイメージがあったので、この会社の活き活きした社員さんを見た際に、 この仕事を通してスポーツに関われたらなと思っていました。そして周りから見てキラキラした存在になりたいと思っていました。

そのモチベーションはどこから?

できあがった本をお客様が見て、喜んでいる姿、そして書店に並んでいる本をを見て「いいのができたね」とお客様に言われた時がうれしいです。