ご縁を基に、
ご縁を創る

人財マーケティング事業部
紹介事業部

2006年入社 宇津木 洋志UTSUGI HIROSHI

静岡県三島市 / 京都大学

人財マーケティング事業部とは、どんな仕事をするのですか?

一人ひとりの学生さんとの面談や就活イベントの実施を通して、学生さんへ、自分自身が納得でき、入社後もやりがいを感じながら働けるような素敵な中小企業をたくさん紹介していくことです。またそのような仕事ができるような就活においての心構えやスキルを伝えていきます。 中小企業のお客様に対しては、会社の組織が活性化して、結果会社の業績が上がるような、意欲と向上心のあり、たくさんの可能性を秘めた学生さんを紹介しています。

8:00  会議
隔週で、学生さんに集まってもらうための施策を話し合う学生会議と、営業状況の進捗確認をする営業会議を朝8時から行っています。昼間はお客様のために時間を使えるように、会議は始業時間前に行います。
9:00  朝礼
当日の来客予定や、重要事項の確認、経営理念の唱和、社員スピーチなどを行います。東京本部では、朝礼終了後に社員同士でハイタッチをして、朝から士気を上げています。
10:00  社内作業
メールの返信や、企画書の作成、就活イベントの準備、採用のお手伝いをしているお客様の就職サイトの更新を行います。
13:00  合同説明会サポート
採用のお手伝いをしているお客様が出展される合同説明会のブースのお手伝いをします。主に、学生さんがブースに座ってくれるように、学生さんへの声かけをして、集客のお手伝いをします。
16:00  就活イベント
自社で主催する就活イベントの運営をします。採用をお手伝いしているお客様に出展をしていただき、参加学生さんとのマッチングを図ります。
20:00  帰社
メールの返信や、企画書の作成、翌日の会議の準備など、パソコンを使って行う仕事を会社に帰ってやります。昼間に外へ出ているとなかなかパソコンを使った仕事ができないので、会社にいる間に集中して行います。

学生時代にこのままでは「まずい」と思い奮い立ったことを教えてください。

就活をすることにしたことです。もともと河合隼雄先生に憧れて、大学で心理学を学び、カウンセラーになることを目指していました。なので、もともとは臨床心理士の資格を取るために、大学院へ進学をするつもりでいました。 しかし、3年間の勉強を通して、勉強(知識)だけでは自分自身が成長することはあまりなく、まだまだ自分には行動とそれに伴う体験が圧倒的に足りないことを痛感しました。そこで一度社会に出ることを決意し、就活をすることにしました。

ザメディアジョン・山近社長の第一印象は?

「内定の達人塾」という就活講座で、山近社長が大学へ講演に来たことが最初の出会いです。大学の授業のときに机に講演会のチラシが置いてあり、ちょうど就職活動をすることを決めようとしていた時期と重なっていたので、試しに聞いてみようと、気軽な気持ちで参加をしました。第一印象は、暑苦しいおっちゃんです(笑)

就職活動中はどんな社会人になりたいと思っていましたか?

自分の成長を実感して、生きがいややりがいを感じながら仕事に打ち込んでいる社会人になりたいと思っていました。社会人というと毎日満員電車に揺られて疲れて仕事をしているというイメージを当時は持っていたので、そうでない社会人になりたいと思っていました。

そのモチベーションはどこから?

縁あって新卒で入社をさせてもらい、気がつけば10年間働かせてもらっていました。10年の間には、正直に言うと何度も会社を辞めようと思ったこともあります(笑)ですが今は、何も仕事ができない自分を諦めずに育てていただき、かつたくさんの大切な縁をいただいた会社のためにも、せっかく10年間もがんばって働いた自分のためにも、ザメディアジョンをもっともっといい会社にしたい、いい会社にするために自分ができることをしたいという強い想いがあります。その想いが、今の私のモチベーションの源泉です。