“ 選考ステップ ”

「輝きたい、強くなりたい、格好良くなりたい」人の、本気の挑戦を待っています!

だからこそ、
ザメディアジョンの選考くらいは乗り越えてほしい

ザメディアジョンと出会う!

会社説明会は東京・大阪・広島で開催!

会社説明会の後は
一次面接なのにいきなり代表面接!

グループ面接

選べるインターンシップ

鞄持ち当日に山近代表に初めてお会いしました。第一印象はお互いに「最悪」です。鞄持ち当日は大阪の山にあるお寺での就活合宿。早朝に山近代表と合流後散歩をすることになりましたが、その裏の山でいきなり二人で遭難。。。約1時間、会話はないまま、歩き続けていました。鞄持ち中も失敗だらけ。私は夏で暑かったため、ジャケットなしクールビズで鞄持ちをしており、何度も「何で君、ジャケット着てないの?」「もう帰っていいよ」と言われましたが食らいつき3日間鞄持ちをさせていただきました。

(Y/T先輩)

戸惑いの連続でした。まずは早朝に山近代表へ「本日はよろしくお願いします。緊張するかもしれませんが頑張ります」というような内容をメールで送ると「緊張を言い訳にするな!」というレスをいただき、泣きそうになったことをいまでも鮮明に覚えています。午前は企業訪問2件、午後は講演の同行と打ち合わせ1件、最後はホテルオークラのバーで男女の恋愛学まで教えていただき、人生が変わるきっかけとなった密度の濃い一日でした。

(S/K先輩)

一番印象に残っていることは、丸一日山近代表がホテルの部屋から出て来られなかったことです。ホテルのロビーで5時間待った後、従業員さんから「もう一泊されるそうです。」との一言。安曇野の山中のホテルで、初めて帰りたいと思った瞬間でした。翌朝、駅へと向かうタクシーの中で、オリンピックが東京に決まる瞬間を山近代表と見られたこともとても良い思い出です。

(M/G先輩)

大学に講演に来られた際に、たまたまその受付などを手伝い、話を聴いたのが出会いでした。講演のときはいい話する人だな~、と。その後「鞄持ちインターンシップ」をやったのですが、そのときは「この人の会社にだけは入りたくない!」と思いました(笑)

(H/T先輩)

重たい鞄を一日中持ち歩いて肩と背中がバキバキなり、翌日、力尽きて起きられず。2日目の鞄持ちは寝坊…。起床したときの無力感が半端なかったです。朝5時55分から同行し、夜は会食。新宿のホテルに着いたのは24時。自分と同じ時間、同じ動きをしていたのに翌日朝4時に起床して5時すぎに出かけた山近代表の体力に脱帽しました。

(K/H先輩)

説明会で出会った翌日から鞄持ちを開始。計4日間くらいでした。かばん持ち2日目に台湾料理屋さんで「君に内定出すから」と言われたことが一番印象的です。「え、もう?」と思いました。出会ってから3日目で「内定」はさすがに驚きましたが、そこまで言ってもらえるのは嬉しかったです。

(T/S先輩)

とにかく合流できず、代表と私に流れている時間のスピードの差を感じました。
緊張しましたが、同じく代表も緊張(?)されていたようで、ドギマギしながら話したような気がしています。入社から7年経っても微妙な距離感を保っています(笑)

(A/Y先輩)

学生時代に鞄持ちの経験はありません。自分は入社して4年間は営業の部署におり、当時は15人ぐらいの会社だったので、しばしば山近代表に同行する機会はありました。初めて会った年上の経営者の懐に、すーっと入り込むような山近代表独特の人との関わり方を学びました。

(K/S先輩)

前の鞄持ちから、やたらと重い荷物を2、3袋受け取り、何かと思ったら、何冊も本やDVDが入っており、その状態で1日中山近社長に付いて回りました。

(T/T先輩)

東京で、日経ベンチャーの編集長の方に山近代表がインタビューをするアポイントや、ソフトブレーンの宋社長(当時)との学生向け就職セミナーがある日程で鞄持ちをやりました。学生からするとものすごい過密なスケジュールに感じて、社会人はこんなにすごい毎日を送っているのだと衝撃を受けたのを覚えています。

(H/U先輩)

役員面接

人財マーケティング事業部、
メディアマーケティング事業部の責任者による最終面接。

最終面接では、あなたの企画をプレゼンしてもらいます。

人財テーマ
「株式会社●●の新卒採用を成功させよ!」

メディアテーマ
「私は、こんな本をつくりたい!」

内定

ここまでたどり着いたあなたには、社会人人生で輝く素質があるはず。
ザメディアジョンという環境で、私たちと一緒に成長していきましょう!

多くの壁を乗り越えてザメディアジョンで頑張れば、輝きたい自分に出会えることを約束します!

だから私たちは「輝きたい、強くなりたい、格好良くなりたい」
本気のエントリーを待っています。